株式会社城東自動車工場Homeへ 株式会社城東自動車工場Homeへ 会社案内 環境関連 お問合せ

環境関連

-自動車の環境問題総論-


-ディーゼルPMの低減-


-ディーゼル後処理装置各論-


-PM低減のための燃料技術-


-代替燃料総論-


-天然ガス-


-LPG-


-DME-


-アルコール燃料-


-GTL-


-バイオ燃料-


自動車の環境問題総論 大気汚染の現状

[1] NO2の環境基準達成状況

  平成11年度の環境基準達成局の割合は、全国の一般環境大気測定局で98.9%、自動車排出ガス測定局で78.7%、大都市地域である自動車NOx法特定地域で95.0%、自動車排出ガス測定局で59.1%であり、平成10年度に比べ増加している。

[2] SPMの環境基準達成状況

  平成11年度の環境基準達成局の割合は、全国の一般環境大気測定局で90.1%、自動車排出ガス測定局で76.2%、大都市地域である自動車NOx法特定地域で74.9%、自動車排出ガス測定局で63.4%であり、平成10年度に比べ増加している。

[3] 全国の測定局におけるNO2及びNO(一酸化窒素)濃度の年平均値の推移

  年平均値は、長期的にみるとほぼ横這いの傾向が続いている。

[4] 全国の測定局におけるSPM濃度の年平均値の推移

  年平均値は、平成11年度は平成10年度に比べ減少しており、近年ほぼ横這いからゆるやかな減少傾向がみられる。

[5] 大気汚染への自動車の寄与

  環境省調査によると平成6年度時点の沿道におけるSPMへのディーゼル車の寄与率(二次生成粒子を含む)は関東地域の平均で35%、関西地域の平均で41%であり、相当部分がディーゼル車に起因している。

  環境省調査によると平成12年度時点の自動車NOx法特定地域におけるNOxへの自動車の寄与率は関東地域の平均で51.2%、関西地域の平均で52.6%であり、相当部分がディーゼル車に起因している。



お問合せ
Copyright ©株式会社 城東自動車工場 ALL Rights Reserved