株式会社城東自動車工場Homeへ 株式会社城東自動車工場Homeへ 会社案内 環境関連 お問合せ

環境関連

-自動車の環境問題総論-


-ディーゼルPMの低減-


-ディーゼル後処理装置各論-


-PM低減のための燃料技術-


-代替燃料総論-


-天然ガス-


-LPG-


-DME-


-アルコール燃料-


-GTL-


-バイオ燃料-


PM低減のための燃料技術 軽油芳香族分の低減プロセス

  軽油の芳香族分低減については、いくつかのプロセスが提案されています。代表的なプロセスはSYNSat法で、ヨーロッパでのシティーディーゼルの製造に使用されています。

  このプロセスは反応塔が1本の場合と2本の場合がありますが、いずれも全段で脱硫反応、後段で脱芳香族反応を行わせます。特に後段において、水素と油を向流接触させることにより、脱芳香族反応の効率を上げている点に特徴があります。ただし、芳香族化合物の水素化は水素消費量が多く、運転コストが極めて高くなります。

  また、本法では後段の貴金属触媒の被毒となる硫黄化合物を、前段で極めて低いレベルまで低下させることが必要となります。そのため、日本が多く輸入している高硫黄分原油の処理に使用することは困難であり、されに技術開発が必要とされています。



お問合せ
Copyright ©株式会社 城東自動車工場 ALL Rights Reserved